気になる女性が身近にいる時痩せたい

物心ついた時から生粋のデブ。甘い恋愛などほど遠いもの、と諦めている自分でも、同じ職場やプライベート等で、好感を抱いている女性と仲良くなれた時などは、多少やせてみようかと思ってしまいます。
一つのエピソードを紹介します。かつて職場で同僚だった、テニスが得意なスレンダー美女と、歳が近いこともあり、いろいろ話すようになり、そのうち「一緒にテニスでも…教えたげるから」と言われて、テニスを始める羽目に。でもデブで運動音痴。その姿はコートにへばりつくガマガエルの如し。でも汗だくでやってるうち、少しは腹がへっこんだものでした。
もっとも、その時の彼女はほどなくして、職場を寿退社。「幸せにな!」と送り出したものでした。

それから十数年。今、ある女性と親しくさせてもらっていますが、紹介してくれた方には「あの人もう少しスリムだと、いいんだけど」と伝えたそうです。
ゆえに今は、食事に気を付け、なるべく歩いたりしながら、少しでも細くなろうと、できる範囲でいろいろ工夫しているところです。

ズバリこの時痩せたいと思います。

ズバリ元カレに再会する時です。
高校生の時に付き合っていた1今年上の野球部のキャプテン。
夏の甲子園予選会で、真夏の炎天下の下汗を流しながらボールを投げる姿に一目ぼれしました。
学校帰りに自転車を二人乗りしたり、バイト帰りに待ち合わせしたり、幸せな思いでばかりです。
ただ、向こうの大学入学を機に音信不通となってしまい、私の切ない青春の一ページは終わりました。
今度、友人の結婚式があります。元カレと共通の知り合いです。
情報ではどうやら式に出席するそうです。
その話を聞いた時から、昔の淡い思い出がよみがえり胸が高鳴りました。
っと同時に今の私の姿をみてハッとしました。
高校生の頃、ミニスカートで生足を披露していた私の姿はどこへ?
今や二児の母となった私は、動きやすさ一番。太い足とたるんだ二の腕を隠すため、私服といえば、パーカー、ジーンズ姿がお決まりスタイルです。
二人の子供を養っていたこのお腹も見事な三段腹です。
結婚式までにはまだ猶予期間があります。
なんとか、あの頃の姿に近づけるよう頑張りたいと思います。
山本昌さんも愛用のおすすめ高反発マットレス「モットン」